[Phrasal Verb] 知っていると一気に表現の幅が広がる!- speak編 –

Phrasal Verb

Phrasal Verb とは?

Phrasal Verb(フレイザル バーブ)とは「句動詞」のことです。

句動詞は「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成され、特別な意味をもち、1つの動詞のような定型のフレーズです。

例えば
・get up
・look forward to
・take after                 

などが挙げられます。

難しい表現も、Phrasal Verb を使うことで簡単に言い換えることができます。

 

Speak を使った Phrasal Verb

[ speak up :大きい声で話す、素直に言う ]

・『 speak up 』のみで使う。

「 speak up 」が使われている動画(Youglish より)
・『 https://youglish.com/pronounce/speak%20up/english?

speak up

 

[ speak of:物語る、について話す ]

・動詞+(目的語)+ 前置詞 + (目的語)

「 speak of 」が使われている動画(Youglish より)
speak of
[ speak out :意見をはっきり言う、声を上げる(何かに対して) ]

・「speak out」のまま使う

「 speak out 」が使われている動画(Youglish より)
・『 https://youglish.com/pronounce/speak%20out/english?

speak out

 

 

英語に関する記事はこちら↓
『ネイティブ直伝!こなれた英語に聞こえるフレーズ5選!!』

『60日ドリル59日目 sucker って聞いたことありますか?!』

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました