[Phrasal Verb] 知っていると一気に表現の幅が広がる!-get編-

Phrasal Verb get Phrasal Verb

Phrasal Verb とは?

Phrasal Verb(フレイザル バーブ)とは「句動詞」のことです。

句動詞は「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成され、特別な意味をもち、1つの動詞のような定型のフレーズです。

例えば
・get up
・look forward to
・take after                 

などが挙げられます。

難しい表現も、Phrasal Verb を使うことで簡単に言い換えることができます。

使えるとかっこいい英語表現はこちら↓
60日ドリル 52日目 Hopefully めちゃめちゃ聞くこの単語!!ネイティブが乱用する!!

60日ドリル 23日目 scrutinize この単語見たことあるこれが使えたらめちゃくちゃかっこいい!!

 

get を使った Phrasal Verb

[ get over :乗り越える・克服する ]

・動詞+前置詞
・目的語は後ろにくる
例)get over a difficulty

「 get over 」が使われている動画(Youglish より)
https://youglish.com/pronounce/get%20over/english/us?』

get over

 

[ get away:逃げる・離れる ]

・動詞+副詞
・目的語はなし(自動詞として使う)

「 get away 」が使われている動画(Youglish より)
https://youglish.com/pronounce/get%20away/english/us?
get away
[ get back to:①元の場所に戻る ②折り返し連絡する ]

・動詞+副詞
・目的語は後にくる

例)I’ll take you to movie theater when I get back.
→帰って来たら君を映画館に連れて行くよ。

例)I’ll get back to you on that as soon as I can.
→その件については、できるだけ早く報告をします。

「 get back to 」が使われている動画(Youglish より)
https://youglish.com/pronounce/get%20back%20to/english/us?

 

get back to

 

リスニングに関する記事はこちら↓
英語のリスニング力をあげる!Podcastのおすすめ番組!

フレンズでリスニング学習は危険!? 英語学習法

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました