[Phrasal Verb] 知っていると一気に表現の幅が広がる!-make編-

Phrasal Verb とは?

Phrasal Verb(フレイザル バーブ)とは「句動詞」のことです。

句動詞は「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成され、特別な意味をもち、1つの動詞のような定型のフレーズです。

例えば
・get up
・look forward to
・take after                 

などが挙げられます。

難しい表現も、Phrasal Verb を使うことで簡単に言い換えることができます。

 

make を使った Phrasal Verb

[ make it :うまくいく、間に合う、参加できる、克服する(生き延びる) ]
・これはフレーザルバーブではありませんが、非常によく使えるので紹介します!!

「 make it 」が使われている動画(Youglish より)
・『 https://youglish.com/pronounce/make%20it/english?

make it

 

[ make out:見える、理解する、いちゃつく、ふりをする]

・動詞+目的語+副詞
・out の後に目的語が来てもOK

「 make out 」が使われている動画(Youglish より)
make out
[ make of :思う、利用する]

・動詞+前置詞 + 目的語

「 make of 」が使われている動画(Youglish より)
・『 https://youglish.com/pronounce/make%20of/english? 』

make of

 

 

その他の興味深い記事はこちら↓

 訳し方が全然違う 英語のことわざ!!

『知っていたら大得進学・就職に使える英語の資格一覧!』

『【留学のリアル】1年休学して英語どのくらい伸びた??』