[Prasal Verb] 知っていると一気に表現の幅が広がる!-give 編-

Phrasal Verb とは?

Phrasal Verb(フレイザル バーブ)とは「句動詞」のことです。

句動詞は「動詞+副詞」または「動詞+(副詞)+前置詞」によって構成され、特別な意味をもち、1つの動詞のような定型のフレーズです。

例えば
・get up
・look forward to
・take after                 

などが挙げられます。

難しい表現も、Phrasal Verb を使うことで簡単に言い換えることができます。

 

give を使った Phrasal Verb

[ give away :①無料で与える ②秘密を漏らす ]

・動詞+副詞
・目的語は間に入る(代名詞の場合) or 後ろにくる
例)give it away / give away cookies

「give away 」が使われている動画(Youglish より)
https://youglish.com/pronounce/give%20away/english/us?

give away

[ give out:①無料で配る ②匂い・音を出す]

・動詞+前置詞
・目的語は後ろにおく

「give out」が使われている動画(Youglish より)
give out

give away と give out の違い

「give away」と「give out」には、どちらも「無料で与える」という意味があります。

give away・・・「もともと有料のものを」無料で与える
give out・・・「もともと無料のものを」無料で与える

与えるものが「もともと有料」なのか、「もともと無料」かの違いです。

 

[ give in :相手に屈する・折れる]

・動詞+前置詞
・give in to (目的語) で使うことが多い
例)I gave in to him.

「give in」が使われている動画(Youglish より)
https://youglish.com/pronounce/give%20in/english/us?

 

give in

 

give in と give up の違い

「give in」と「give up」は似た意味ですが、ニュアンスが少し違います。

give in ・・・「屈する・従う」
give up・・・「諦める」

give inは、本当は嫌だけど相手の意向にしぶしぶ「屈する」「従う」といったニュアンスがあります。「give up」は、何かを一生懸命に試みたけれど、努力や考えなどを「止める,諦める」といったニュアンスがあります。

 

スピーキングに関する記事はこちら↓
留学にいっても英語が上達しない?!上達するにはどうしたらいいの?!-speaking編-

スピーキングから英語の脳みそを作る逆プロセスで攻める