[コロナの影響?!] アメリカ留学生の日本でのリアルな1日

海外生活のリアル

コロナウイルスの影響で仕方なく日本に一時帰国している留学生はとても多いと思う。特に多くの大学では今もなおオンライン授業のみが開講され対面授業の実施が難しい状況が続いている。

少しずつロックダウンも解除され商業施設を訪れることも可能になってはいるものの、留学生の多くにとっては今年は満足に留学生活が送れていないのが現状だ。私も日本でアメリカの大学のオンライン授業を受けている。

今回はそんな私の生活、そしてコロナの影響を受けてのメリット・デメリットを書いていこうと思う。

アメリカの大学に関してはこちら↓
アメリカのコミカレにいきなり入学して授業とかついていけるの?!

アメリカのコミュニティーカレッジで新学期が始まるまでのプロセス

アメリカ留学生の日本での1日

まず、私が普段どのようなスケジュールで生活をしているのかを紹介したいと思う。
*これは私の場合です。そして授業時間もにによって異なるのであくまでも一例です。

(カッコ内はアメリカ時間)

月曜日10:00PM-火曜日12:00AM 仮眠
1:00AM (月曜日9:00AM) 数学の授業開始
1:50AM (9:50AM) 数学の授業終了
2:30AM (10:30AM) 英語の授業開始
3:45AM (11:45AM) 英語の授業終了
6:00AM (2:00PM) 陸上部のミーティング開始
7:00AM (3:00PM) 陸上部のミーティング終了
7:10AM-12:00PM 睡眠
12:30PM-1:00PM 食事(朝食兼昼食)
1:00PM-4:00PM 課題・勉強・その他
5:00PM-7:00PM 娯楽・趣味・勉強など
7:00PM-8:00PM 夕食
8:00PM-10:00PM 風呂など

時差問題

上記のスケジュールを見て気づいた人もいると思う。私は日本時間の夜中から朝方に授業を受けているのだ。それはもちろんアメリカ(西海岸)と日本に時差があるからだ。アメリカ留学生に限らず日本でオンライン授業を受けている留学生は現地と日本との時差によって生活リズムが変化している人が多いと思う。

アメリカ(西海岸)と日本の時差は17時間(サマータイム時は16時間)で日本の方が早い。

これによって日本でオンライン授業を受けているアメリカ留学生は夜中に授業を受けることになり、生活リズムが変化するのだ。

 

コロナの影響を受けてのメリット

生活費の削減

もちろん日本で生活している間は実家で暮らすことになるので家賃や生活費が余分にかかることがない。これによりお金の面で助かっている家庭は少なくないと思う。アメリカでは授業費が高い学校が多いので留学する上でかさむ費用が削減できるのは1つのメリットだ。

 

親子共に安心できる

やはり日本で、親元でアメリカ学校の授業を受けることができるので親としては安心できる人も多いと思う。

アメリカでは治安の面やもちろんコロナの面において不安要素もたくさんあるはずだ。だからこそ日本にいながら授業を受けることができるのは安全面・安心面においてメリットだ。

 

コロナの影響を受けてのデメリット

現地の生活を体験できない

アメリカで友達とワイワイ遊んだり一緒に勉強したり、など留学らしい体験ができないのは大きなデメリットのうちの1つだ。オンライン授業のみでの関わりだとどうしても友達はできにくいし、また実際に会って気軽に交流することも難しいこともある。現地でたくさんの友達を作ったりキャンパスで学生生活を送ることができないのは留学生としてはなかなか辛い。

 

まとめ

今回はコロナ禍におけるアメリカ留学生の1日ということで私の現在の生活を紹介した。そして留学生が今現在直面している現状についても知っていただけたと思う。世界がコロナによって様々な活動が制限されている中、留学生にとっても思い描いていたような留学生活が送れていない人は多いと思う。少しでも早くこの状況が収束し、元どおりの生活ができる日が来ることを願っている。

 

English sentences

Today, I’m gonna share my life schedule in Japan. Because of the corona virus, I left the States in last March, and I have spent in Japan in this year. In this situation, we lost a lot of things, but also we could get a lot of advantages.

There is a time gap between Japan and the States(west side), so international students in Japan have to take their classes in midnight. The time gap is 17hours (summertime:16hours) and Japan is earlier than the States. Therefore, a lot of International students most change their time schedules.

If we are in Japan, and tale the online classes, we can save the money to live in the States. This is one of the advantages brought by the corona. And also, many parents of the international students can feel safe.

However, International students can not to live in the States. And it is difficult to make foreign friends and spend time with them.

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました