これであなたもネイティブ英語で会話できる?!日常会話で使いたい表現!

最近英会話を習い始めたと言う人も多いのではないでしょうか?

現在は日本にいながらネイティブの講師の先生と話したりすることも気軽にできます。またHelloTalkなどのアプリを使ってネイティブの友人を作ったり、会話をする機会を作ることも可能です。
英会話をやっていて、「もっと表現の幅を広げたい!」「ネイティブが使うような表現を使いたい!」と思ったことはありませんか?

英語のスピーキングはちょっと発音を意識したり、ある表現を使うだけで一気にネイティブっぽく聞こえるんです!
今回は私が実際留学中に学んだ表現や英会話のコツについて紹介していきます。

英会話・HelloTalkについてはこちら
Hello Talkは英語の勉強にもってこい!?英語を格段に伸ばす使い方!!
『英会話に文法はいらない』の本当の意味

 

ネイティブ英語に聞こえる表現

wing it

wing it 「適当にやる・即興でやる」

I’m just going to wing it.
適当にやります。

準備をせずに即興で物事をすることを表すフレーズです。プレゼンやテストなどに準備せずに取り組む時などに使います。主に人前で話す状況で使われることが多いです。

ちなみに
Don’t spend too much time on it.「適当にやる(あまり時間をかけない)」
gibberish「適当なことを言う」
などの言い換え表現もあります。

例文
A: Are you ready for the presentation?
プレゼンの準備はできた?
B: Yeah, I’m going to wing it.
はい、適当にやります。

I didn’t spend too much time on this project.
このプロジェクトは適当にやりました

He is talking gibberish.
彼は適当なことを言っている

 

give it a shot

give it a shot「試してみなよ」

You should give it a shot!
ぜひ試してみて!

カジュアルな表現で会話ではよく使われます。try の言い換え表現として使え、一気にネイティブっぽく聞こえること間違いなし!
it
を置き換えると様々なケースで使うことができます。

例文
You should give surfing a shot.
サーフィンはやったほうがいいよ。

AI’m not sure if I can cook as well as you.
君のようにちゃんと料理できるか不安だよ。
BCome on! Give it a shot!
試してみなよ

 

call it a day

call it a day「やめる・終わる」

Let’s call it a day, shall we?
今日はもうお開きにしよう。

海外ドラマや洋画でもよく出てくる表現です。「もうやりたくない、もう十分だと思い、今やっていることを止めること」というニュアンス。
call it a night「夕方や夜に、やっていることを止めること。(大体の場合寝るために)という表現もあります。

例文
I’m getting tired now. Let’s call it a day.
疲れてきたな。今日のところはこれで切り上げよう

We went back to their house and called it a night.
私たちは彼らの家に戻って、その夜は寝た

 

play it by ear

play it by ear「臨機応変にやる」

OK, let’s play it by ear.
大丈夫だよ。臨機応変にいこうぜ!

元々は「(譜面を見ないで)演奏する」という意味。予定を立てずに物事を進めるなどの状況で使います。

例文
AWhen do you want to go shopping?
いつ買い物に行きたい?
BWell, it depends on the weather. Let’s play it by ear.
うーん、天気によるね。 臨機応変にやろう

 

swing by

swing by「ふらっと寄る」

Shall I swing by to pick you up?
車であなたの家に寄ってから、一緒に乗せていこうか?

stop by と意味はほとんど同じですが、swing by の方がもっと短い時間で、ふらっと立ち寄る的なニュアンスになります。

例文
Can you swing by the office?
会社寄っていける?

 

ネイティブ英語に聞こえる英会話のコツ

発音

発音をちょっと意識してリンクするだけで一気にネイティブのような聞こえになります。

I’m going to → I’m gonna(アイムガナ)
I want to → I wanna(アイワナ)

 

句動詞

句動詞は会話でよく聞く、そして使える表現がたくさんあります。そして難しい単語を使わなくても知っている言葉の組み合わせで表現できるので特に会話では使うといいです。

例えば
・「誘う」invite → ask () out
・「延期する」postpone → put off

 

まとめ

英会話の習得、上達は場所を問わず、日本でも可能です。YouTubeや洋画、海外ドラマでネイティブが使っている表現を真似して見るのもとてもいいと思います。英会話はちょっと表現や発音を意識するだけで一気にネイティブっぽく聞こえます。だからこそ今回紹介した表現が少しでも参考になればと思います。

 

English sentences

In these days, a lot of people have started to learn English conversation. To talk in English well, you just think about the phrases that you use and pronounce.

If you say “I’m gonna” instead of “I’m going to”, your English would be heard as native speakers. Also, you should use “I wanna” instead of “I want to”.

Furthermore, I recommend to use phrasal verbs. Even if you don’t have any idea to say difficult words, you can use phrasal verbs.