留学を反対されたら?説得するにはどうしたらいいの?

留学反対  留学前に知りたいこと

「親に留学を反対されているけど、どう説得したらいいだろう?」
「周りから留学に対して批判されているので留学しようか迷っている」
という方はいませんか?

私も留学前、反対意見を受けた経験があります。そして今、海外進学することに対して様々な意見があることも事実です。

では自分の留学したいという意思を捨てなければならないのでしょうか?

確かに、周りの意見、親の意見をないがしろにして自分の意見を押し通すのが良いとは言えません。でも自分の意思を大切にするべきでもあります。そんな時どうすれば良いか、私の経験も含めどうすればいいかを紹介したいと思います。

私たちが留学を決めた理由に関してはこちら↓
Masaki がアメリカ留学を決めたわけ!
[あなたはなぜ留学に?!] アメリカ留学を決めた理由とは?

 

家族に留学を反対されてしまう理由

家族、特に両親が留学を反対する理由としてあり得るのは主に3つ。(アメリカ留学の場合)

1:安全面

安全面日本よりも治安が悪いイメージがあるのはもちろん。特にアメリカは銃社会の印象もあると思います。洋画でもよくあるギャングだらけのイメージを抱いている人も少なからずいると思います。

両親であればなおさら我が子が生活する上で現地の治安が不安に思うはずです。
そして何かあってもすぐに駆けつけることが出来ない十分な対処を施してもらえるかもわからないことも不安要素の1つです。

 

2:金銭面

金銭面アメリカの学費はとても高いです。短大でも物価によっては日本の都心の私立大学ぐらいの学費は必要です。

特に学生の場合は、自分の日本でのバイト代だけでは留学資金が間に合わないという方もいると思います。学生ビザではアメリカでは働けないのもネックです。

その際、どうしても両親のサポートが必要だと、留学資金を十分に工面できないという理由もあるでしょう。

アメリカ留学の大まかな費用、節約術に関してはこちら
アメリカ留学で月に1万円以上の節約法
【具体的な留学の費用】アメリカ留学は〇〇〇万円かかった。

 

3:将来性

work in the States例えば高校生なら、自分はアメリカのカレッジに進学したいけど、親としては日本の大学へ進学してほしいという価値観や意見のくい違いも留学を反対されてしまう理由の1つです。

社会人の場合だと、せっかくのキャリアを捨てて留学するのか、結婚適齢期なのに、今更海外に行くのかなど留学後の心配をされる場合もあると思います。

 

留学を反対されて説得する方法

話し合いもし反対されて、すんなり諦められるなら留学は本気じゃない可能性があるのでやめてもいいと思います。そのママの気持ちで中途半端になんとなく留学しても、なんとなくな結果で終わってしまうと思います。

ではそうしても夢だった留学を諦められない方、どうすれば良いでしょうか?

 

1:プレゼンする

ただただ明確な根拠もなく「留学したいんだ!」ということを伝えてもダメ。自分でしっかりと留学内容や現地の情報を入手して細かくプレゼンすることが1つの方法です。

・留学したい理由は?
・留学のプログラムの内容は?
・留学不要はいくらかかるか?
・滞在方法は?
・治安は大丈夫か
・資金はどうしていくつもりか?
・帰国後、留学後はどうするつもりなのか?

などなど入念に調べる必要があると思います。逆に自分の夢を叶えるために自分が本気で取り組めば取り組むほど、両親にもその本気度は伝わると思います。

 

2:安心材料を提供する

親として心配なのはやはり「現地でちゃんと生活できるか」などだと思います。そこでその不安材料を少しでも取り除くためにも両親に説明や約束をすると良いです。

例えば
・現地では細かく連絡すると約束する
アメリカでもLINEを使うことはできますし、電話も無料でできます。簡単にコンタクトはできるので「〇〇日ごとには必ず連絡する」などの約束を決めたらいいと思います。

・何かあった時の対処法を伝える
留学保険のカバー内容や、病気や怪我した時のシュミレーション(日本語は使えるか、どこに連絡するか、どんな病院があるか、など)

・とりあえず帰国の意思を伝える
帰国した後は就職する!帰国子女枠で日本の大学に編入する!など、留学後のプランを伝えるのも大切です、今までの人生をサポートしてくれたのは両親だということも忘れてはいけません。

例えアメリカに移住したいと思っている人も、とりあえず「1年だけ!」などの期間限定で帰国することを伝えると納得してくれると思います。そして実際の留学生活でアメリカでイキイキと元気に生活していることを見せてあげると後に親は信頼して安心してくれるはずです。その後、長く住むことになっても、その時はそれまでの経験で親としても子供と離れた生活に慣れているので、サポートしてくれるケースも多いと思います。

 

まとめ

反対して人は自分の人生を保証してくれますか?例えその人が留学経験者だとしても全く同じ留学生活を送るわけではないですよね?人生の可能性、海外進出の可能性を閉ざしてしまうのはもったいないです!

自分が強く「留学したい」という思いがあるのであればその意思を大切にする。強い意思を持つことが大切です。反対意見を説得することも留学への第1歩と言えると思います。自分のやりたいこと、夢を叶えるためにも本気で取り組むことが大切です。

 

English sentences

Some people who want to study abroad were disagree to study abroad from their family or people surrounded them. However, I think it is important to tell them your strong thoughts and persuade them to study abroad. Even you can do that, you will not be able to get along with in foreign country.

To persuade your parent, you have to gather much information about the States.(if you wanna go to the States.) The information is especially like about the safety, tuition or insurance.

Also, you should tell the plan after studying abroad. Where will you work at? What will you do? Not to make your parent worry about your future, you should tell them your plan obviously.

It is most important to have your own thought or dream.

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました