海外、アメリカで病気になったら?薬局で買える薬を種類別に紹介!

留学中、風邪など何かしらの病気になってしまう可能性もゼロではありません。すぐに病院に行けたらそれに越したことはありませんが、海外で病院に行くとなると何かと不安なことも多いと思います。
何より保険に入っているとはいえ、お金がかかる!

そんな時、薬局に売っている薬で代用できることも多いです。特にアメリカの薬は日本では処方箋がないと買えないような薬でも市販で売っていたりします。
しかし、種類が多い上英語表記が分からず、どれを選べば良いのか分からなかったという悩みもあると思います。

薬に関して、
・どの薬を買ったらいいの?
・日本から持っていくべき薬は?
などの疑問に答えていこうと思います。

アメリカでインフルになったら?
アメリカでインフルエンザになったら?!医療費は?!

 

海外(アメリカ)の薬局で買える薬

風邪薬:Tylenol Cold(タイレノール)

Tylenol Coldアメリカで風邪を引いた時は、このタイレノールが有名。病院でも「タイレノールを飲んで、休みなさい」というほど。
用途に合わせて様々な種類があるんです。なので購入時は注意。

acetaminophen(解熱鎮痛薬)
dextromethorphan(咳止め)
phenylephrine(鼻水止め)

 

風邪薬:DayQuil(デイクィル)

DayQuil一般的にアメリカの錠剤は日本のものに比べてかなり大きくて、飲み込むのに苦労します。

日本でもお馴染みのVicksの製品なので、なんとなく安心感があります。昼用は眠くならないと書いてありますが、少し眠くなる人もいるようです。シロップタイプもあるので子供でも飲みやすいです!

 

のど飴:Halls(ホールズ)

Halls日本でもお馴染み、のど飴のホールズ。アメリカでは袋入りで売っています。

 

鎮痛剤・解熱剤:Advil(アドヴィル)

Advil強くなく、飲みやすいです。副作用も少ないです。

 

切り傷・火傷:Neosporin(ネオスポリン)

Neosporinアメリカの家庭の救急箱に必ずあると行っても過言ではない!傷口を水で洗ったり冷やした後、これを塗るとわりかし跡が残らずに治ります。

 

日本から持っていくべき薬

肌荒れ・ニキビの薬

これは人によりますが、アメリカの薬は強すぎて逆に肌が荒れてしまうケースもよくあります。日本の皮膚科で処方してもらったものがある人はそれを大量に持っていく方がいいかもしれません。ちなみに私はそうしています。

まとめ

今回はアメリカの薬局で買える市販薬について紹介しました。海外では日本とは勝手が異なるので特に薬に関しては不安になることも多いと思います。買う前にしっかりと下調べをすることが大切です。アメリカの薬を使って調子が悪くなったらすぐにしようをやめましょう。そうなることを防ぐためにも、常備薬、よく使う薬などはある程度日本かた持参することもお勧めします。

 

English sentences

Sometimes, you catch a cold even when you are in foreign country. At that time, you can’t go to the hospital easily, so you can buy any medicine at pharmacy.

However, some types of medicine are pretty stronger effect than Japanese one. That’s why you have to search for them before buy it. And also, you should bring your medicine from Japan.