[留学のハウジング事情] ホームステイと寮、どっちがオススメ?!

留学に行くと決めたらもちろん、初めに滞在するハウジングについても考えると思います。

学生の場合、学校やエージェント付属のハウジングシステムを利用してホームステイや学生寮を選択する人が多いと思います。
ホームステイは留学の醍醐味だし、寮でみんなと生活するのも楽しそうと悩むポイントのひとつです。

今回は私たちの経験をもとに
「ぶっちゃけ、ホームステイと寮どっちがいいの?!」
にお答えしていこうと思います。

留学のハウジングに関してはこちら
アメリカでの家探しー契約の仕方ー

留学先での一人暮らしの現実!?

 

ホームステイと寮どっちがオススメ?!

ホームステイのメリット

homestay・アメリカの家庭で生活でき、文化に触れられる

アメリカで生活する家族の一員として生活できるのでアメリカらしさやアメリカ文化を感じられます。

子供がいる家庭では子供達と遊んだり、食事をとりながら雑談したり、テレビを見ながらゆったりしたりなどアメリカの家庭のリアルな生活に触れることができます。

特にテレビを見たり、家族とドライブしたりするのは留学生だけでは金銭的にも厳しい面もあるのでホームステイだらこそできる体験です。

 

・ネイティブの英語で会話の練習ができる

アメリカの家族と生活する上で、もちろん英語オンリーです。

自分の英語に自信がなくて、スラスラ話せなくても大丈夫。

ホームステイを受け入れてくれる家族はフレンドリーで優しい方ばかりです。そして彼らも留学生でつたない英語であることは理解してくれています。

私たちが言いたいことを組んでくれたり、もし間違った表現をしているとくれたり正してくれたりもします。
これは本当にいい訓練です。

私もホームステイを経験しましたが、その期間でネイティブの英語に触れて特にリスニングはなれることができたので本当に良かったと思ってます。

 

・ご飯も振舞ってくれる

ホームステイの場合、ご飯付きの料金で契約することが多いです。

アメリカの家族が日常的に食べるご飯を食べることができます。また、自炊の必要もないので時間の有効活用もできます。

私はホームステイ先でいただいた、マカロニチーズ(アメリカの代表的な家庭領地)が印象に残ってますし、アメリカを感じました。

 

寮のメリット

dormitry・他の国の留学生と仲良くなり、友達がたくさんできる

寮では友達と共同スペースで一緒にご飯を作ったり、勉強したりすることができます。勉強を教えあったり、自国の料理を振舞ったりすることができるのでとても楽しい上に、彼らと仲良くなれます。

学校での出来事をシェアしたり、情報共有もできるます!

 

・学校に近いので通学しやすい

学校から近ければ徒歩で、遠くてもバスで30分圏内に位置するので通学しやすいです。

 

・門限がないので基本自由行動

ホームステイと違い、門限がないので自分の好きな時間に帰ったり、友達宅にお泊まりしたりすることができます。

夜遅くまで出歩くことはやめたほうがいいのですが、夜、急遽コンビニに行きたくなったりしても外出することが可能です。
外出するときも報告などが入らないのでその点ではストレスフリーです。

 

ホームステイのデメリット

bus・学校から遠い場合が多い


バスで40分から1時間かかる場合が多いです。

ホームステイの場合、学校の近くではなく、住宅街に家が位置していることが多いので、学校から遠いことが多いです。私も徒歩1時間かかって通学していました。また、近くをバスが通らないこともあります。

アメリカは車社会なので車があればすぐの距離も、車がない留学生にとっては長い距離になることがあります。

 

・食事や生活、性格が合わない場合もある

アメリカの家庭の生活を体験できるのはホームステイの醍醐味なのですが、その反面、自分のスタイルに合わなかった場合、ストレスを感じてしまうこともあります。

アメリカは多国籍国家です。私の場合はホストファミリーがインド系アメリカ人の家族でスパイスの使った料理が多く、食事が合わないなと感じたことが多々ありました。

また、生活スタイルが合わないこともあります。共有スペースが綺麗に保たれていなかったりすると不自由を感じることもあると思います。

 

寮のデメリット

cook・自炊をしないといけない

朝、昼、晩と自炊が基本です。外食という選択肢もありますが、それだと生活費が高くついてしまいます。翌日の弁当の用意や、帰宅してからの晩御飯の用意などと勉強を両立させる必要があります。

 

24人部屋が基本なのでプライバシーがあまりない

寮は共同部屋であることが多いです。
そのため1人の時間を持つことは難しいかもしれません。

初めて出会った人といきなり共同生活をすることになるので価値観が合わなかった場合などはしんどいかもしれません。

 

まとめ

ホームステイと寮のメリット、デメリットを列挙していきました。個人個人によってあう、あわないはあると思います。短い期間の契約にして両方試してみるのもありです。

また、ある程度友達ができてきたら、留学生同士でシェアハウスを始める人も多いです。私も現在はシェアハウスをして暮らしています。これも留学の醍醐味です。


シェアハウスに関してはこちら
アメリカでのシェアハウスについて!

留学でのルームメイトには気を付けろ

 

English sentence

Maybe, A lot of people who is thinking to study abroad want to know the differences from several housing styles. Therefore, I’m gonna shore the advantages and disadvantages of homestay and dormitory.

Advantages of Homestay
can experience American lifestyle
can practice English with native family

Advantages of Dormitory
easy to go to school (near by school)
don’t need to go back home until the regular time

Disadvantages of Homestay
sometimes the lifestyle doesn’t match you
far from school

Disadvantages of Dormitory
not enough privacy space (you have to share one room with your friends)
have to make every meals by yourself everyday

 

If you want, you can experience both of housing styles. If you want to do that, you should contract the housing term short at first. A lot of international students are sharing a house with their friends and save money.