アメリカのコンビニに言ったらホットドックを絶対食べろ‼

アメリカのコンビニに言ったらホットドックを絶対食べろ‼ その他

日本のコンビニは非常に優れている。これは世界基準で言えると個人的には思っている。だが、他国のコンビニも日本の便利さには勝らずとも、各国の特色を持っていると思う。今回は自分が行ったことのあるアメリカのコンビニについて書く。その中でもぜひ食べてもらいたい、感動の逸品があるので、ぜひ最後まで見てほしい。

アメリカにコンビニってあるの?

アメリカにコンビニってあるの?

アメリカに来る前、自分はこのように考えていた。同様に自分の友人たちもこのように考えていた。実際、コンビニはある。が、日本にあるコンビニで、アメリカにもあるのは自分はセブンイレブンしか見たことがない。

また、日本のように、どこでもたくさんあるわけではない。ガソリンスタンドには大体あるが、ガソリンスタンド以外はたまに見かける程度である。

アメリカのコンビニと日本のコンビニの違い

店内の形

店内の形

なぜかわからないが、アメリカ(自分がいた地域)のコンビニは日本よりも通路が狭かったのである。日本よりは明らかに狭い(あくまで主観)。

またレジの位置も不思議な場合があり、壁側ではなく、真ん中にあることもあった。謎である。

店内に並んでいるもの

店内に並んでいるもの

まずいつも何度も言っているが、すべてのサイズがでかいのである。
・基本的に飲み物は全部デカイ、そしてカラフル
・スナックの種類が多い、そしてデカイ
・菓子パンのカロリーが一食分ぐらいありそう

また日本よりも果物が多く並んでいる。丸ごとリンゴやカットフルーツが多くのコンビニで見られる。だが反対に弁当類は非常に少なく、タコス、ブリトー、ハンバーガー、サンドイッチなど挙げてもこのくらいしかないのである。

ちなみに日本のものも、カップヌードルなど少ないが売っている。

サービス

サービス

ここでいうサービスとは、ホットスナックやドリンクバーのようなものだ。

まず、ドリンクバーのようなものがあるのだが、そのサイズが半端ではないのだ。簡単に言えば、たまに映画館で飲むジュースの一番でかいやつだ。とりあえず、異常なサイズ。夏であってもちょっと残したくらいなのである。

ホットスナックの種類は少ない。とはいっても形状のレパートリーが少なく、大半が棒状の何かなのである。だが別のコンビニにはいろいろなものを揃えているところもあったので、一概には言えない。また、ホットスナックとは少し異なるが、ドーナツも多くのコンビニにおいてあり、これまたカロリー爆弾といった見た目をしている。

アメリカのコンビニに行ったらこれを食え!!

アメリカのコンビニに行ったらこれを食え!!

自分がアメリカのコンビニで一番お勧めしたい食べ物は

ホットドッグだ‼

もちろんすべての店舗ではないだろうが、多くのコンビニにおいてあり、先ほど言ったホットスナックの棒状の何かを選択し、「パンをください」というとパンがもらえるのである(これも全店舗ではない)。

驚くことに、トッピングがし放題なのである。以下の写真のようにいろいろなトッピングチリソースとチーズを好きなだけ使うことができるのである。

アメリカのコンビニ ホットスナック

このチリソースとチーズの組み合わせが格別で、またシャキシャキの野菜もめちゃくちゃうまい。

絶対に食べてほしい逸品である。

『アメリカのモンスターエナジーの味は全く変わらない⁉』
『これで日本も恋しくならない!カリフォルニア州で食べれる日本食』
『一番ジューシーなアメリカ西海岸のハンバーガーは!?』

まとめ

とりあえずアメリカのコンビニに行ったらまずはホットドックを探すこと。そして、大量のトッピングと、チリソース、チーズをかけて喰らうこと。コンビニクオリティとは思えないほどおいしいと自分自身は感じたのである。

English Sentences

In these days, we search an article about one particular topic and tell the content or own opinion about it each other. Today’s topic is “convenience store“. In Japan, people can see the convenience stores on the streets at many times, but in America, we can not see them as much as in Japan.

We usually see Seven-Eleven only a few times. I found the article about advantages and disadvantages of convenience stores. In Japan, the stores are done business in whole day like 24 hours.

The advantage of this situation is that we can hope for the increasing of benefits from the expansion of employment opportunities. Moreover, we can use the stores as the evacuation places in case of emergency. Of course, we can do anything at stores whenever we want.

The disadvantages are that the staffs have to work for long times and it will be some burdens for them. In addition, if the stores are opened 24 hours, it costs much money. This is because, we need the cost of light and fuel.

He told me the efforts that each companies are carrying out.I was really surprised that Family Mart began to provide us the karaoke and nutritional care system. And Lawson introduced the small shops without any staff.

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました