アメリカで銀行の口座開設って意外と簡単?!お金の送金はアプリでできちゃう?!

2020年8月20日

アメリカへ留学したら基本的な日常生活を送るために様々なことをしなければならない。

その1つが「銀行の口座開設」
日本でも銀行に行くことなんてほとんどなかったのにいきなりアメリカで、しかも英語で、銀行でちゃんと口座を開設できるの?と不安になる人もいるかもしれない。留学前に知っておいたら良い情報をご紹介!!

日本からのお金の送金、アメリカ生活での節約方法についてはこちら
留学中のお金の送金の仕方って?!
アメリカ留学で月に1万円以上の節約法

 

アメリカで銀行口座の開設の方法

アメリカのおすすめ銀行

銀行 種類「どの銀行を選べばいいの?」と初めは疑問に思うだろう。現地で生活している先輩に聞くのもいいと思う。

銀行を選ぶポイントとしては
・口座開設が簡単なところ
・支店が多いところ    などだ。

ここで紹介するのは口座開設が簡単なもの!
これに当てはまるであろう銀行を挙げると

Bank of America
Chase
Union Bank
Wells Fargo Bank   など。

 

口座開設に必要なもの

銀行 必要なもの何が必要かは銀行によっても異なったりする。これをもっておけば大丈夫!というものを挙げていこう。

・パスポート
・クレジットカード
VISA
SSN(アメリカ国籍の人のみ)

・アメリカの住所を証明できるもの(水道、ガスの請求書など)

 

銀行口座の種類

銀行銀行口座には2種類ある。

Checking(チェッキング)
Saving(セービング)   の2種類。

基本はCheckingの方だけで大丈夫。これさえあれば困ることはまずない。ちなみにセービングの方は利子がつくタイプの口座。

 

銀行へ着いたら?!

銀行銀行へ着いたら、入ってすぐのところにスタッフがいることが多い。

彼らに
”I wanna create my bank account.”と言おう。

すると個室などに連れて行ってくれてあとは指示に従えば簡単に口座を作ることができる。わからないことがあれば聞きなすなりすれば優しく対応してくれる。もし不安だったら誰か友達と行くのもアリかもしれない。

 

アメリカではアプリで送金ができる?!

銀行 アプリ
アメリカではアプリを使って自分の銀行口座から他人の口座に直接お金が送金できるのだ。もちろん受け取ることもできる。

友達と折半する際に現金がなくとも決まった額のお金を送ることができる。またアプリ上で自分の残高を確認できたり、小切手を注文したりすることもできる。これは本当に便利!日本でもこのシステムが広まればいいのに

 

まとめ

このように安定した生活を送る上でやらなければならないことは少なからず存在する。異国の地で1人でこのような契約を交わすことは難しく感じるし不安なこともあるかもしれない。

しかし困った時は友達に頼ればいいと思うしネットで情報を探すなどして解決すれば良いと思う。なんとか自分でやってみる経験はこの先必ず役に立つだろうし、それで成し遂げることができたら自分の自信にもつながるだろう。

恐れずチャレンジしてみることが大切だ。特に留学中は。

 

English Sentences

You may suppose it is hard to open your own bank account, but it is easy. The thing you need to do is just tell your feaver to the staff and bring your passport and VISA. And after you open your bank account you should install the bank app. However, if your Apple Store’s country is not US, you can not install that, so if so, you have to change it. With the app you can send your money to your friends account easily and you can check the amount of your money.