アメリカのコミカレにいきなり入学して授業とかついていけるの?!

コミカレ アメリカの学校

タイトルにもあるように
「アメリカのコミカレにいきなり入学して授業とかついていけるの?!」と留学前に疑問に思っている人、不安に思っている人は少なからずいるだろう。

そもそも「コミカレ」とは何か。そう思った人もいるかもしれない。

今回は留学に興味がある人も、全く興味がない人にも、アメリカの大学のあれこれを少しでも多くの人に知ってもらえればなと思う。

アメリカの大学での履修方法、オンライン授業に関してはこちら
・アメリカの大学の履修方法
アメリカの大学のオンライン授業

 

 

アメリカのコミカレの授業ってどんな感じ?!

そもそもコミカレって?!

コミカレコミカレとは「コミニティーカレッジ」の略。
コミニティーカレッジとは日本でいうと短大のような感じ。

それに対して日本でもよく聞くスタンフォード大学やUCLAなどはuniversityと呼ばれる4年制大学だ。
ちなみに私は20199月からシリコンバレーのコミカレに通っている。

 

コミカレには2パターンある!

季節一概にコミカレと言っても学期制度の違いによって2パターンに分けられるのだ。

それは
・クォーター制
・セメスター制  の2種類。

それぞれ簡単に説明しよう。

まずクォーター制は1年が春、夏、秋、冬の4学期で構成されており、それぞれ期間は約3ヶ月間。
(夏学期は少し短い)
その学期ごとに授業を履修するので3ヶ月ごとにとる授業が変わるという感じ。

対してセメスター制は1年が春(1月ー5月)、秋(9月ー12月)の2学期で構成されている。
履修に関してはクォーター制の時と同じで、各学期ごと。

アメリカの学校は秋入学というイメージを持つ人も多いと思う。
しかし、コミカレの場合各学期どのタイミングでも入学することができる

つまりクォータ制の場合は年に4回(4月、7月、9月、1月)入学するチャンスがあるということだ。
対してセメスター制の場合は入学のタイミングは年に2回(1月、9月)だ。

 

どの授業を履修したらいいの?!わからないことがあったら?!

留学先の絞り方どの授業を履修したらいいか、いきなりアメリカの大学に入学するといっても初めは右も左もわからないと思う。

ここで1つポイント。
わからないことは先輩や学校に聞きまくろう

日本人の先輩がいたら好都合だが、いなかった場合もISPと呼ばれる留学生のための学校のサポート機関があるはずだ。

今の時代SNSを使えば簡単に人と繋がることができるFacabookTwitterで学校名を入力したらすぐに日本人の先輩を見つけることができると思う。

彼らにわからないことや有益な情報を聞きまくることが1番の近道!
どの教授の授業を取ったらいいか、取らない方がいいかは実際にその体験した人に聞くのが1番確実だ。そのためにも積極的にコミニティーを増やすのも重要だと思う。

・アメリカのコミニティーカレッジで新学期が始まるまでのプロセス

 

成績はぶっちゃけ教授次第?!

教授これから履修したい授業の教授がどんな人か、なんて正直わからない。

そんな時参考にするのがrate my proffeserというサイトだ。
https://www.ratemyprofessors.com/

このサイトで学校名と教授名を入力すればその教授の評価が出るのだ。
まずはこれを参考にしよう。

また実際に授業を受けたことがある人の声を参考にすることも大切。

なぜってアメリカのコミカレでは、
いい成績(GPA)を取ろうと思ったら、いい教授の授業を取ることが1番大切なのだ。

簡単に言えば「楽な教授の授業を取れ!」ということ笑
小難しい説明をする教授の授業をとって、いい成績が取れなければ元も子もないからだ。

 

まとめ

アメリカの大学にいきなり留学入学して、しかも授業についていけるのか、と思うかもしれない。しかしいろんな人と繋がって、様々な場を得ること!これさえできればやっていけると言っても過言ではない!

 

English sentence

Today, I’m gonna write about community college in the States. Some people may worry that they can take classes without any problems.

When you take classes at the first time, you will have some problems, but you should ask someone who are already taking classes for teach to take classes.

I think it is one of important things to get a lot of communities.

 

 

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました