アメリカで風邪をひいたらまずは薬局へ

薬局 海外トラブル

 

アメリカ留学中、そりゃ時には風邪をひくこともあります。

そんな時、「アメリカって医療費高いんじゃないの?!」という考えが頭をよぎるかもしれません。
そりゃもちろん、緊急を要する時はすぐに病院に行った方がいいでしょう。

しかし「ただの風邪だけど、薬がほしいな」なんて時はまず薬局に行きましょう!

アメリカの薬局はマジで優秀!!

私たちもなんどもお世話になりました。今回はアメリカの薬局について書いていこうと思います。

アメリカで病気になった際の対処法、保険などについてはこちら
アメリカでインフルエンザになったら?!医療費は?!

 

アメリカで風邪ひいたらまずは薬局に行こう!

薬局ドラッグストアってなんでも商品が揃っているイメージありませんか?!
化粧品、食べ物、などなど。

アメリカのドラッグストアも同じ!!食べ物、化粧品に限らず、文房具、洗剤などなど、なんでもあります!

そしてもちろん薬もあります!そしてその種類が豊富なんです!
どんな薬でもあると言っても過言ではない!

日本では処方箋がないと買えないような薬もアメリカでは市販薬として買えちゃうんです!

ちなみに処方箋なしで買える市販薬のことをOTC (Over the counter)と呼びます。
OTCは病気そのものを治すというよりは、一時対処という効果に近いそう。

対して、Behind the counterと呼ばれる薬もあります。
これは乱用防止のために1ヶ月で買える量が決まっているそう。鼻づまり、避妊用のピルなどが含まれます。これらはスタッフの方に尋ねてみると買えます。

 

アメリカで風邪をひいたらTylenol (タイレノール)!

tylenolアメリカの風邪薬といえば、Tylenol (タイレノール)

薬局に行けば、必ずこれを目にするはずです。風邪ひいたらまずはこれを試してみることをおすすめします。

解熱剤、咳止め、鼻水止め、などなど一概にTylenol といっても様々な種類があるんです!

風邪薬のタイレノールはタイレノール・コールド(Tylenol Cold)と表示してあるものを選びましょう。

自分の症状にあうものを購入しましょう。

ちなみに日本人にとっては薬が効き過ぎる場合もあるそうなので、基準の服薬量の少なめから試してみるのも良いかもしれません。

 

風邪関連で日本から持っていくべきもの

体温計いくらものが揃っているとはいえ、やはり日本のものが安心!という場合もありますよね。
私が日本から持っていくべきだなと思うものを紹介します。

・体温計(表示のものを持っておくと安心!)
・熱さまシート
・常用薬(多めに!)

これらは必ず持っていくべき!といっても過言ではありません。
こららに加えて念のために日本の解熱剤や風邪薬を持っていってもいいかもしれません。

 

まとめ

私も留学中、風邪をひいこともありました。そんな時、やはり親元を離れた生活の大変さを多少なりとも痛感しました。

それと同時にシェアハウスの良さにも気づけました。友達と支え合える、どんな時も1人ではない心強さは計り知れないです。

今はコロナウイルスの感染がまだまだ拡大しています。ステイホーム、手洗いうがい、かからないための対策をきちんと摂ることが何よりです。

 

English sentences

Today, I’m gonna write about drugstore in the States. There are many kinds of medicine in the drugstore. If you get a cold, you should go to the drugstore at first.

In general, “Tylenol” is the best medicine for cold.

If you need s prescription to get the medicine in Japan, you can get that without a prescription in the States.

Of course, we have to take care of our body in order not to get a cold. That’s why we should stay home now and wash our hands.

コメント

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。
タイトルとURLをコピーしました