アメリカのレイオフ制度って知ってる?!

2020年8月20日

レイオフ「レイオフ」って聞いたことありますか?!

サッカーの戦術の1つ?そう思った方もいるかもしれません。
でも、サッカーとは全く関係なし!

今回のレイオフとは英語で”lay off”と書きます!

”lay off”とは
・一時解雇する
・帰休する
・区分する が主な意味となります。

ちなみに
lay off smoking(タバコをやめる)
lay off alcohol(お酒をやめる)
という使い方もあるんです!

今回はアメリカのレイオフ制度というものについて書いていこうと思います。

 

アメリカのレイオフ制度って何?!

レイオフ簡単に言えば、レイオフとは「一時解雇」のこと。

日本ではあまり馴染みがないかもしれないが、アメリカやカナダでは行われることが多いんです。

「一時解雇」と聞いたら「リストラ」を想像した人もいるかもしれない。
しかし、「リストラ」とはちょっと意味が異なるんです!

レイオフとは「再雇用を条件とした一時的な解雇」のことを表す。

日本では特に製造業で行われることが多いそう。

 

アメリカでのレイオフは頻繁?!

レイオフ日本に比べ、アメリカの会社組織は結構シビアな印象。

アメリカでは日常的にレイオフによって解雇されてしまうことも珍しくはないそう。

つまり、突然レイオフを通達されて、会社を出なければならないこともあるということだ。

日本では定年間際の人など、年齢の高い人から対象になるが、
ちなみにアメリカでは、勤務年数の短い人から解雇されていき、勤務年数の長い人から会社に戻っていくということが多いようだ。

 

レイオフはどのような時に行われるの?!

レイオフもちろん業績悪化の時にレイオフが適用されることが多い。

しかし、それだけではなく、業績見直しの一貫としてレイオフが行われることもあるのだ。

さらに、大手企業がレイオフを行うことも珍しくはないんです。
例えば、
”Microsoft””intel””Ericsson”などだ。

 

まとめ

日本よりも実力社会なアメリカ。

会社で突然解雇されることも珍しいことではないのだ。

海外での就職の希望する人などはレイオフに対して備えることも大切かもしれない。

そのような制度があるということを知っておくだけでも重要なことだと思う。

 

English sentences

Have you ever heard “lay off” ?  It’s one of systems in American company.

“Lay off” means being discharged by company.

If you wanna work in the States, you should know the lay off system.

In the States, it is common to be discharged. For example, Microsoft did that.