アメリカのレジ袋って有料?!紙袋?!ビニール袋?!

2020年8月28日

日本では2020年7月からどこの店でもレジ袋は有料になっている。

アメリカでは店によっては元からレジ袋は元から有料なのだ。そしてレジ袋は日本でよく見かけるようなビニール袋ばかりではなく、紙袋も場合が多い。
これは環境に配慮した結果だろう。

今回はアメリカのレジ袋に関して詳しく書いていく。

アメリカのゴミ出しに関してはこちら↓
アメリカのゴミ出し方法!

 

アメリカのレジ袋って有料なの?

紙袋やはりレジ袋は使い捨てで使うということもあり、環境にも悪影響を及ぼすからだろう。有料化することによってレジ袋の使用量を減らし、無駄を削減しようという取り組みだと考える。

アメリカではほとんどのスーパーやお店でレジ袋は有料だ

日本との違いとしては、アメリカではプラスチックの袋よりも紙袋の方が主流だということだと思う。

Safeway に限らず、TARGETTrader Joe’sもレジ袋は紙袋だ。1枚$0.1(10円)ほど

しかし、買い物客の多くはエコバックを持参していることが多い。
特に主婦の方々が自分で数枚のエコバックを用意している姿をよく見る。

私たちも食材などを買い出しに行く際は今までにもらった紙袋を持参したり、リュックサックを持って行ったりしてレジ袋を買わないようにしている。

 

野菜やフルーツを入れる袋も有料?!

野菜売り場加えて、アメリカでは野菜は1つ1つで裸で売られているものもあり、それらを入れるためのプラスチックの袋は無料で手に入れることができる。

ちなみにいくつかの野菜や、オレンジやバナナなどのフルーツは計り売りで1lb(1ポンド)あたりの値段が表示されている。

そして野菜、フルーツコーナーには計りが置いてあるのでそれで重さを確かめて大体の値段を買う前に知ることができる。

アメリカで使われる単位についてはこちら↓
アメリカで日常的に使う単位 ー長さー
アメリカで日常的に使われる単位 ー重さー

 

アメリカのエコバックはお土産にもなる?!

エコバックアメリカのスーパーではエコバックを販売しているところもあります。
TARGET、Trader Joe’s、などは有名です。

特に Trader Joe’s のエコバックはお土産としても使えます!
紙タイプのものは地域や季節、年によって様々なデザインのものが販売されているため、時期によって楽しむことができます。

 

 English sentence

We have heard some news that the plastic bags become not free in a lot of stores in Japan.
I guess, we usually use the plastic bags just once, so it effects bad for environment.

Maybe, people try to reduce the waste of plastic bags. In the States, the plastic bags are not free in a lot of stores. American plastic bags are made by paper. And it costs $0.1.

However, many customers bring their own bags. In my case, I usually bring the paper bags or backpacks and I try not to buy the bags.

In addition, in the States, vegetables are sold without rap and we have to use some plastic bags. The plastic bags are free. Also, fruits are sold by weight.